ビジネス

女性タクシードライバーになった元同僚

最近は女性タクシードライバーさんが増えて来ていて、同じ女性としては嬉しいです。なぜなら女性が運転している車に乗った方が、なんとなく居心地が良いですし、話もしやすいからです。

それに女性のドライバーさんはカッコ良いなと思います。そんな考えの私ですが、最近、びっくりすることがありました。それはちょっと外出した際に、たまたま乗ったタクシーのドライバーさんが、以前一緒に働いていた元同僚だったんです。

最初に気づいてくれたのは彼女の方で、「もしかして〇〇さんじゃないですか?」と言われたので、「はいそうです」と答えながらなぜ私の名前を知っているんだろうと不思議に思いながら、そのドライバーさんの顔を見てみると、元同僚の女性だったのです。

すごくびっくりしました。彼女は職場のトラブルに巻き込まれてしまって退職されたのですが、その後、どんな仕事に就かれたのかは知りませんでした。でもまさか、女性タクシードライバーに転職されていたなんて、驚きでした。だからタクシーに乗っている間に、彼女がどうしてタクシードライバーになったのかを聞いてみました。すると彼女は今までやってきた仕事に疲れてしまって、何か別のことをやりたいと考えている時に、タクシードライバーの求人を見て応募してみたそうなんです。

その女性歓迎のタクシー運転手の求人情報 に「女性ドライバー歓迎」と書かれていたことに惹かれたそうです。そして無事にその就職試験に合格して、タクシードライバーになってみたら、すごく楽しみながら仕事をすることが出来ていると嬉しそうに話してくれました。彼女は元々、車の運転をすることが大好きで、色んな場所に色んなお客さんを乗せて運転できるのが楽しいそうです。

毎日、何人ものお客さんを乗せて、色んな話をするのが新鮮だし、お客さんの話から学ぶことも多いのよ、と嬉しそうに話してくれました。それにお客さんを乗せていない時は一人だから、前の会社みたいに同僚や上司に気を遣うことも無いから気楽で良い、とも言っていました。彼女は私と一緒に働いていた時に、同僚や上司との関係が悪くなって色々と悩んでいたので、一人で仕事が出来るタクシードライバーの仕事の方が良いと思うのだと思います。

でもとにかく、色々あった彼女ですが、タクシードライバーに転職したお陰で、楽しみながら仕事をしているのが分かって、ホッとしました。これからも頑張ってほしいです。