ブログ

食事マッチングアプリでまず友達に!

最近ネットで流行りの、出会い系マッチングアプリで女性と食事の約束をエージェントしてくれるアプリがある。私は、それを利用して遊べる女の子を求めることにしてみた。食事専用アプリということで、食事だけをおごってもらう(体の関係などを求めていない)目的の子が多いだけあってかわいい子はそろっている。

もちろん、その中にはそのアプリを作っている会社のサクラも一定数存在するので持ち帰りやその先に絶対に繋げれるかというと確率は低い。しかし、食事のあと連絡先を聞いて次に繋げたりできるかどうかはあたなの腕の見せ所だ。基本的には、その食事マッチングアプリ上でメッセージをやり取りすることができるのでラインなどで個人間でやりとりする必要はない。

しかし、お互いがお互いを気に入った場合ラインや電話番号を交換することが可能だ。その食事マッチングアプリは、月額で1500円ほどがかかるので決して安いとは言えない。

そして、マッチングしたあとに相手が成立すると交渉成立で食べ物屋に予約をしてくれる優れものだ。しかし、仲介手数料が取られるので普通に食事に行くには割高だ。だが、食事の約束を取り付ければこっちのものだ。まずは、相手の自己紹介を聞きどんなものに興味を持ってるのかをアプリ上でリサーチする。ライブ、野球といった今後に繋がるような趣味を持った人をターゲットにし誘いをかける。

好きなチーム、好きなアーティストが好きとなると会話が弾むのは間違いない。食事の席では、その話で持ち切りになり二件目で飲みなおそうよという流れに持って行く。そこで、乗り気ではない場合はラインだけ聞いてキープにだけは最低限しておきたい。次につなげたいからだ。

しかし、ノリがいいことだと二件目に行ってお酒を飲むことでその後持ち帰り、またはラブホにゴーというパターンがありえる。今までに、5回ほど利用したがそのうち2回は2件目のあとワンナイトラブをすることに成功「男の野望であるやる」ということを達成。

正しい使い方ではないが、ある程度ルックスに自信があり小綺麗な恰好をしていれば女の子も性欲に飢えている場合誘いに乗ってきてくれるのだ。普段から、もちろん容姿や服装に力を入れたり、口臭には気をつけようということが大前提ではあるがこういう食事マッチングアプリを使ってワンナイトをするという裏技もあるので是非参考にいてもらえたらと思う。女性と出会った体験